www.team-keepers.net

やっと始める時という局面ではまずは事前調査を手抜きしてはいけません。。売買を行う前であったら相場を論理的に見ることが出来ます。しかしながら、一度相場の内部に立ち入ってしまうとどう工夫しても物の見方が独りよがりになる場合があり時には正しい状況がわからなくなる不安があります。だからこそ己の精神が冷静な間に、しっかりと準備をしておくことが大切なのだ。”事前準備”とは、始めに自らのシナリオを考える事から行います。今後のマーケットは下がる(または上がる)からこの通貨を売買するというようなあなたなりの筋書きを書いていきます。次にチャートをチェックしよう。これまでのマーケットの上げ下げを調べて現在の値動きを確認します。そうすると、「現在は相当低い水準にあるな」とか、他には「もうすでに多数の投資家が仕かけているから今から遅れてエントリーしてもやりようがない」などと判断できます。当然、今となっては取引するのが遅いと感じたならば何もせず、この状況ではすっぱりとあきらめることか不可欠です。どう工夫してもあなたなりの脚本を貫いて、諦めずに注文すると、市場にやられてむしろマイナスになる危険性があります。ただ大体の場合、準備が出来ている筋書きを作り上げていくと買い(または売り)がやりようがないという具合にはなることはありません。おそらく、実際に為替相場が上げ下げする前のはずだから。更に、当面は自分が売り買いしようと決めている外貨ポジションの変化をチェックすることが必要です。もし、ドル高が進むと予想するストーリー展開を考えたのであれば、該当する外貨の上げ下げに気をつけておきます。マーケットの動きを注視し始めた状態では、ドルは分かりやすく上下動する雰囲気を見せないで、上がったり下がったり小幅な動きを繰り返しているだけでしょう。しかし、その動きを正確にチェックしているとある状況で少しずつ円安の方向へとマーケットが変化し始めます。そこでようやくドル買いのエントリーします。おおむね、これだけ注意深く事前準備を進めておけばそのエントリーで利益を上げる可能性はぐっと大きくなるはずです。

Link

Copyright © 1996 www.team-keepers.net All Rights Reserved.